2015年01月02日

パチンコは数字だらけ

店側も打ち手も、数字に縛られてますねーwww

交換率
パチンコ玉1つの価値(値段)。42個で100円なら100/42=約2.38円 =換金率

1回の平均出玉
1回の大当り出玉数。   ※ラウンド変動では出現率と出玉から平均出玉を計算

回転数/千円
千円あたりの回転数。 =回転率

仕事量
収支から運の要素を除いた数値。   ※運による持ち玉比率の変化は考慮されない

予想期待収支
台の回転数/千円から予想される収支。 =期待収支    ※仕事量に持ち玉比率を考慮

持ち玉比率
通常時総回転数のうち、持ち玉で打った比率    ※打てる時間で大きく変化


トータル確率
1回の大当りに必要な通常時回転数。   ※確変・時短回転数は含めない

平均連チャン回数
初当り1回で期待できる連チャン数

ボーダーライン
計算上、+-0の1000円あたりの回転数     ※打つ時間や出玉の多い少ないに影響される

等価ボーダー
等価でのボーダーライン。   ※台毎の甘い辛いの比較に便利

突然確変率
大当りの内の突然確変の割合。    ※あまり公表されていない

計算式

回転数/千円
=通常時総回転数÷(((投資金額×0.25+総大当たり回数×1回の出玉)−(回収金額÷交換率))÷250)※総回転数には、時短、確変時の回転は含めない。

仕事量
=収支−((総大当たり数−(総回転数÷トータル確率))×1回の出玉の金額)※総回転数には、時短、確変時の回転は含めない。

予想期待収支
=(1回の平均出玉*総回転数÷トータル確率×交換率)−((250×トータル確率×総回転数÷トータル確率)÷回転数÷千円)×(4×(1-持ち玉比率)+(持ち玉比率×交換率))

持ち玉比率
=1-(投資金額÷1000×回転率)÷通常時総回転数

トータル確率
=大当り確率÷平均連チャン回数

平均連チャン回数
=((1÷(1-時短突入率×(1-((大当り確率-1)÷大当り確率)×時短回数)))×1÷(1-(確変率))×1)×(1-突然確変率)      ※大当り確率は、確率分母・確変率は%でなく0.5など

※CR海など一般的なパチンコ台での計算。変則的な台では個別に計算が必要。

等価ボーダー
=トータル確率÷(1回の平均出玉÷250)

ボーダーライン
=トータル確率÷(1回の平均出玉÷250)×持ち玉比率+トータル確率÷(1回の平均出玉×交換率÷1000)×(1-持ち玉比率)

ツキ指数
=(トータル確率×当たり回数)÷(総通常回転数)×100=ツキ指数(%)

posted by skyhigh07 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 パチンコブログ パチンコ攻略・裏技へ
クリックお願いします!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。